紅白の曲の是非について

 

今回の紅白の曲が発表されていますが

 

これがいいのか悪いのか、

 

なんともなところだと思います。

 

 

 

ネット上の反応を見てみますと

 

 

 

なんだこりゃ。

 

この選曲なら和田アキ子があの鐘を鳴らすのはあなた歌っても良かったんじゃん。

 

 

 

三代目はRYUSEI以降ヒット曲ないなあ。

 

 

 

紅白歌合戦は本来、「年忘れ」としてその年の苦労を忘れ、新年に希望をつなぐものと考えれば、その年のヒット曲に多少の新旧を織り交ぜるのはいいとは思う。

 

しかし、いくら名曲でもいつも同じ歌手が同じ歌ばかりというのは、あまりに凡庸。ナツメロ大会にも「年忘れ」にもなってない。

 

 

 

テレ東の番組も、演歌メインでそれ以前のムード歌謡が少なくなっているのが残念。年明けのCDTVのがまだ面白いかも。

 

 

 

X-JAPAN、紅は名曲中の名曲だけど、紅白で歌ってない曲(Endless Rain とか)でもよかったかな。

 

希望の持てない紅白ではあるが、Purfume、miwa、RADWIMPS、X-JAPAN、市川由紀乃、西野カナだけは実は楽しみにしている。

 

 

 

懐メロ?

 

石川さゆりは「津軽海峡冬景色」と「天城越え」ばっかり。

 

なんか気の毒。

 

 

 

演歌いらん。。。

 

 

 

昔の歌歌うなら

 

和田が落選のスジが通らんなぁ

 

 

 

最低でもここ2、3年の歌じゃないと。

 

 

 

 

 

こんなコメントになっていました。

 

http://www.coyabadance.org/archives/6347